NEWS

    
  ”橋の下世界音楽祭SOUL BEAT ASIA 2013” 開催に寄せて
 
 
2011年3月11日以後この国の地盤と心は大きく揺れたまま…
土地を離れる人、離れなければならない人、離れたくても離れられない人、自給を始める人々、声を上げ変革を求める者、なにも変わらず黙々と只一生懸命生きる人、いまだ人の命よりも金に群がるひと掴みの人らと、多種多様で、同じ人間とはまるで思えないような人らも 中にはいるみたいですが、全部自分の中にもあります。何が正しいのかは さておき、そもそも人間の歴史自体きっとそんな綺麗なものだけではなく、むしろ 殺し合い、騙し合い、奪い合い、嫉妬、ねたみ、ほいでも喜びもある永い歴史の中、今もヒドイ事も問題ももちろん山積みなのだろうけど、もちろんいろんな側面はありますが、永い歴史で見ると、今はある意味だいっぶ良くなって来ていると…なんて風にも考えれるわけで、というか そう思いたい。少なくとも今自分らの周り大多数の環境に置いては、ひとまずやる気さえあればノタレ死ぬような事は無いし…先人達が良かれと思い便利さや合理性を追求してきた結果の世界だと思うし、その反面行き過ぎておかしくなって来てる部分も沢山あるのは重々承知の上。
 
さかのぼりますと人類は、なにがなんだかわけわかめなくらい続いてるわけで、なんしろ いくらなんでも永すぎて何が発端なのか誰もわからないし、そっからはロマンと想像の話しだもんで…。好きだけど。ま、でも江戸時代くらいじゃないんすか?さかのぼれて、ちがうちがう話しがそれた、兎に角、言いたいのは やはりいつの時代も今を生きなければならないってことだけは確かなわけと、言う事が言いたかったわけで。生きてる間、最後のその時が来る瞬間まで常に軌道修正、更新をしながら生涯現役で命を燃やしながら、のんきに、誠実に、いい加減でありのまま、なるべくほがらかに一生懸命 生きる!という事を堪能したいと僕は思います。
 
生意気言わせてもらいますと僕ら人類なんて阿呆ばっかで、特に僕らなんかにゃ政治や経済なんてのはよくわかりませんが、だいたいなった事も無いし事情もわからんですが、それよりか、足下から、身の回りから、自分から どんどんいい感じの事を創ってったら勝手に世の中伝染して良くなってくはずだと思ってます。それぞれ役回りもあるから わからんけど自分等の出来る事をするしかないんです。だから政治家は政治を、学者は研究を、医者は医療を、死ぬ気でやってくれさえすればいんだけど…たのんますわホントに!

なにもない橋の下から見ると、いろんな事がサカサマに見えます。

と、言う事で、時代に流されんじゃなくて、魂に流されて生きて行きたいなと、共同企画のmicroActionの根木ちゃんも言っております。その為には兎に角やる事で!やってられんくなる事ばっかだでこそやる!千の災いがありゃ千と五百の希望や面白い事創ってくだけなんて、古事記の時代から言ってるわけで、てな感じでいきたいっす。  そんでもって、人間は ず~~っとこんな感じで何千年も繰り返しているのでしょうか?わからんですが、兎にも角にも今年もやりますよ橋の下。

金もなけりゃ、よくわからない常識も持ち合わせておりません。昔の事も中国の事も、北朝鮮の事も、アラブの事も、見た事なく感じた事無いもんは よく解りません。解るのは今と、これからこうなりたいってのだけ。やるしかねんです!やるしか!やるなら今しかねんです!横やり、難題、向かい風も結構だし、でもそんなことよりも一緒に遊びましょうよ!って事で。 老若男女中性もののけ、まじめ、極道、なんでもきやがれ橋の下 仲良くやろうぜ橋の下!でいきましょうよ!年に一度の 橋の下世界音楽祭!!やります!
 
今年は中国雲南出身の少数民族音楽とロックの融合バンド ”山人”(シャンレン)はじめ、日本各地からいろんな音楽が沢山やってきます。福島いわきから、じゃんがら念仏踊りの遊撃隊もやってきます、地元設楽の東栄町からは和太鼓 志多ら、花祭りが、北海道旭川からは、トンコリ&ウポポ(アイヌ音楽)OKI&マレウレウはじめ、ソウルフラワーモノノケサミットもついに橋の下にも来てくれるし!趣味、好み諸々 皆さんいろいろあるとは思いますが、そこを越えたとこで孫から婆ちゃん4世代で楽しんでもらえたら これ幸いです。
 
基本的にはアジア周辺の、と、言ってもデカいけど、小さく見たら自分、家族、仲間、大きく見たらアジア。要は近所の ってことです。もっと大きく見たら世界全部!ってことになるけど、それはひとまずデカすぎるから、ひとまずアジアなんです。モンゴロイド!やはり欧米諸国とは大きく違うし。否定の意味ではなくて、当たり前の違いとして。地の感覚や精神性、やはり我々に合ったものがある気がします。西洋のいいとこも影響受けたものもたっくさんあるし。
 
明治維新開国依頼 何でもかんでも飲み込み、背伸びして急激に物質も情報量も豊かになったわけで、その落し子の我々現代の世代が感謝と反逆を込めて、 今もう一度自分等のあり方を見つめ直してみたり、もう一度元々あったモノを磨き直したり、雑多に飲み込み広がった感覚で手を入れ直してみたり、アジア近隣、いや世界中の同じ世代の同志達と個人レベルで交流をして、いろんな角度から物事を観てテレビ、マスメディアの悪い部分の情報に流されず、卑屈にならず、攻撃的にならず良いモノを創造していきたいっす。
のちのち協力者も増えて借金こさえずにうまくやれだしたら4年に一度とか ”SOUL BEAT EARTH” なんてやりたいすね~いろんな国のいい仲間や音楽呼んで!
 
そんでもって、野暮ったい事言うけど、これだけは解ってもらえると嬉しいのが、
 
あくまでもこれは イベントや興行ではないのです。
 
自分らなりの地固め。
 
年に一度の自分らにとっての禊ぎのお祭り。今を生きる世代の意思表示であり、チャレンジであり、自分自身に対する革命でありながら、やはり大衆の娯楽であって希望なんす。

もちろん橋の下の最低限のルールと人としての最低限のマナーに沿ってさえくれりゃ、あとはそれぞれ切磋琢磨の実力でガンガン稼いでくれて結構だし。いいもん創って稼いで何が悪い。入場無料、投げ銭みたいなやり方でやってますが、金稼ぐのが悪いなんて考えはとうてい持ってませんので。只、時と場合があるだけで。兎に角、生の交流の場となる事を望んでいます。

初めてこういうとこ来る一般の地元なんかのお客さんなんかは、入れ墨者がおったり、モヒカン刈りがおったり、ちょんまげがおったりとびっくりするでしょうが、よく見てみたら目ん玉ふたつの口ひとつ、化けもんでもなけりゃ、妖怪でもない。人の子なんで。いや、ある意味、妖怪ではあるかもしれん。笑
でもこんなとこでもなけりゃ、なかなか会えないだろうから、交流してみたら面白いんじゃないでしょうか~いい奴多いし。

豊田大橋 橋の下、 上も下も無い橋の下で二日間ですが忙しくわずらわしい世界から自分を切り離し、溜まったものを吐き出し、そのもっと奥にある命に火をつけ、思いを込めて唄い踊ったり、さわいだりして、殻を脱いだ自分と出会えたり、社会とかそういうのの、もっともっと、手前のとこの人としてのあり方を、自分等含め、見つめ直したりできるような場になればいいなと、いい加減な男ですが一応、本気で思ってます。ただそれだけなんです。

SOUL BEAT ASIAで、”こんなんしてほしい!” とか、”ここを改善してほしい!”など、いろいろあるかと思いますが、実際かなりの少数精鋭と財布事情で業者を使わずTURTLE ISLAND,
microAction、ぬ組、豊田はもちろん全国の賛同してくれる音楽仲間のみで手作りのZEROからこの祭りを創ってます。というか創り始めたとこなので、なにか思った方、俺それやる!あたしそれやれる!みたいなの大歓迎!!一緒に橋の下世界音楽祭を創ろう! 
                 
            橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2013
              代表して 永山愛樹/TURTLE ISLAND
 

2013-05-01