NEWS

札幌を拠点に活動するqodibopとOlololop、変テコな名前の2バンドがあなたの知らない音世界へと誘う。両バンドとも生楽器に sampler、synth、PC等を用いたトリオ編成(トライアングル)での演奏形態で、2バンド6人で1台のバンに乗り込み、本州9連日を含む全国 14ヶ所のリリースツアー。
Olololop オロロロピー
北の音楽都市で起動した魂の発散と融合の交錯する点を頂へと導く為の3ピース、ミズカミ(愉快音)・hiroki onodera(エフェクターズ)・大池(drumsports)の、
轟音と静寂の狭間に見え隠れする至極のRHYTHM、連動して躍動する肉体、絡み合いうねり擧げるソウルと巻き散らすエナジー、怪音、自然発声するシリアスボイス、派生していくEFFECT、壊れかけの鍵盤から無数のアナログ・デジタル機材までその全ては高揚する効用がある未曾有のトランス音楽を言霊と現存する音楽要素を周到して構築する為のトライアングル式拡声器群、またの名を現代健康音楽隊。
qodibop キュオーディーアイビーオーピー
本山文朗(guitar、synth)、飯岡徹(bass、sampler)、斉藤誠人(drum)によるインストバンド。ギター、ベース、ドラムの生楽器の演奏を軸に、サンプラーやシンセなどを取り込むスタイルでライブを行っている。 生楽器に打ち込みを入れることによっておこる相乗効果と、音数を極力減らし、個々の音が際立つサウンドを目指している。 近年の演奏スタイルはミニマルを軸にリズムを強調し、それぞれのフレーズが合わさって一つの固まりに鳴る音を意識している。札幌を拠点に活動する.
迎え入れる名古屋からは、Seeds of rhythm と
APIOS アピオス
竜巻太郎とunohiroyuki(BLACKGANION)とのDUO。今回は、CAZU(guiter)を加えてのトライアングル方式で北の若人達のを迎え入れるで御座るよ!  
4バンドが繰り広げる、音の7変化を、お客様に提供出来る、一夜となるでしょう。
天災破壊 竜巻太郎

2010-08-27