NEWS

2度目の東北から帰って来てからほぼ毎日LIVEしたり客人が来たりで内蔵がくたくたの今日この頃ですが、18日19日と 当初バスク〜フランスツアーの時サポートしてくれる予定だったフランスのGUAKAが名古屋〜豊田 斑屋にやってきてました。
斑屋に方はVoのイニーゴがEKDのガットギターに持ち替えrootsのチリや南米の民謡なんかも唄ってくれたが言葉を越えて感動した。やっぱり音楽はいい。人の心を救えるのはこれしかないんじゃないかとすら思った。チリやメキシコ、レバノン、フランスといろんな違いを越えたメンバーからなっているが、色形は違うが兄弟にしかみえんかった。彼らは南米ツアー中にチリ地震も経験しているらしく、世界中が放射能汚染に恐れ日本の入国を中止する中 心を持って日本へやってきてくれた。音楽も最高だけど人も最高だった!斑屋では盛り上がりすぎてテキーラやラムの一揆飲み大会のようになって大フィーバーだったが、その反面店はくちゃくちゃ!酒の瓶はそこら中で割れてべったべたで翌日怒られるはめに。けど みんなしっかり翌日帰る前にわざわざ掃除しにきてくれたのに感動した!いっしょにエッサ!ホイサ!とかけ声掛けながら床磨き!なんていい奴等なんだ!自分等でお城の一部を借りてコミューンをつくってるらしいから、普段からみんなで協力してるんだろう。

23日は秋田 24日は岩手 そのあと26は福岡でLIVEするんで 気になったら遊びに行ってあげて〜!!

http://www.japonicus.com/jap/guaka/index.html

この前のNEWSは活動報告的で淡々と書いたんでこっちにもう少し思った事かきます。以前書いた事と重複する内容もあると思うけど…

南相馬はあいかわらず収集所のほうは他の街と比べ物資があきらかに少なかった。
避難所にはある程度最低限の物資は行き届いているみたいだが。南相馬の行政も20km圏内の人らと、家屋が全壊、半壊した人らにしか配給していない。でも、行政も原発の対応なんかで手いっぱいみたいで仕方ないんだろう。だけど、難しいのはこーゆー自宅待避とか、避難所以外に暮らしてる人ら。

被災者といっても様々。

家も大丈夫で車もあるし会社も機能してる。けど、自宅待避や避難してたり物流は止まってる。おかげでものが手に入らない、ってだけの人から、年寄りで車もない収入源もない、車も畑も流された、会社も流されたり、原発で働いてて職を失った人まで、ほんといろいろな状況がある。

前者の方なんか言ってみたら、少し手間だが隣町の相馬まで買いに行けばなんとかなる。金もあるみたいだし車もある、会社も機能してる。あきらかに俺等のポンコツ軽自動車よりいい車乗ってる。笑 今までより生活レベルは落ちただろうが、言ってみたら俺等なんかのがよっぽど物質的には貧しいんじゃないかって とこもあった。ただ、正直、それを苦と思うか思わないかの違いにも思え、物質文明の”なんでもあるという貧しさ” みたいな事も感じる事も少しあった。変な話しだが。

かと思えば、20kmぎりぎりの自主避難地域や屋内退避のとこや、沿岸部で半壊したまたいつ津波が来るかわからないとこに未だ避難せず、いや、帰って来ちゃって(とゆーか、今更逃げるとこもないし そんな金もない 避難所がつらい などどうしようもない 様々な理由)そこで暮らしてる人らが計3万人くらいいるらしい。少し前までは1万人を残して避難してたが、避難所の生活がきつかったり、金銭的な問題だったり、いろいろで2万人くらい戻って来てるみたいだ。老人も沢山いる。店もほとんど開いてない。 車もなく収入源もなく本当に困っている。行政も物資の配給を中止した。本当の事言えばみんな良識を持って、本当に困ってる人のみが物資を受け取ればいいんだが、人間只でもらえるなら、もらっとこう的な欲深い生き物なんだなぁと感じさせられるような事も実際あったりもして、本当に困ってる人等に行き届かんかったりもしてる気もした、ただし俺が見た分だけなんで決して一概には言えないし、しょうがないことだとは思うけど、とくに原発近辺はみんな先行きの見えない不安を抱えてる。一時はもう物資を持ってくのはやめようかな~なんて思ったりすることもあった。生きるか死ぬかはたいてい なんとか越えてるような気がしたし、この物質文明の無理が崩れゆく中、また物質で同じとこに戻すのか?支援て?とか、物質を与えるのが支援なのか?なんていろいろ思ったり、また、現地と地元に帰って来た時の温度差にもマクロなピントとミクロのピントがのびたり縮んだり激しすぎてわかんなくなっちゃいそうになったりもしますが、まあ現地はすべてがリアルな現状で人口と同じ分だけの現状があると言う事すね。まぁ被災地以外ではみんな良くも悪くも いろんな事言ってますが、良く言えば みんないろいろ考えてんだろうし、悪く言えば なんの役にも立たない勝手な詮索や見解だし。

まぁそんなこんなで、話しを戻しますと、兎に角 生きるか死ぬかのせとぎわは なんとか越えたんじゃないかと思いますが、原発付近に関しては特に未だ複雑な状況と問題がたっぷりあるみたいです。

なんしろ原発問題が今現在、未だ治まってないからね。生活の復帰のめどもたってないわけだし。

いろんな事思うけどやっぱり事は現場で起こってるんすね。そう簡単じゃない。
状況もどんどん変わって行くし。

で、物資がたっぷり備蓄されてるとこもあるので、そういうところから南相馬へ持って行ったり、沿岸部の残っているおばあちゃんにいろいろ状況聞いたりするチームと泥かきや屋根を直したり瓦礫を片付けるチームなど3チームくらいに別れて一週間いろいろ縁と出会いで行動してました。アジトも借りれたんで、夜はしっかり酒盛りもして、笑 地元でぐぢゃぐぢゃしてるよりも 精神的には とても充実してました。
答えのでない問題を抱えた時はやはり身体を使い靴の底を減らすしかないのだと再確認しました。MICRO ACTION!!すね まさに

で、福島と宮城の県境の山元町沿岸部で引っ越しを手伝ったりしてたときに出会ったばあちゃんが言ってた言葉が印象に残りました。山元町の沿岸部の津波に持ってかれた住宅地のエリアは、その昔全部 広大な防風林だったって。ぜんぶ土地業者が切っちゃって、海の見える一戸建てみたいな売り文句で建てちゃいかんとこに 人間がいっぱい建てたんだって。手をつけてはいかん自然だったとこが自然に帰っただけだって。
昔の人はみんな知っとった!!って 未曾有でもなんでもないって  忘れちゃってるだけだって。

でも ほんと考えてみれば ニュースも なにもかも みんな人間の都合の話しばっかだもんね。人のせいにばっかしあって。ぜ~んぶ俺らみんなでつくってしまったようなもんなのに。

地震て地球が活動期に入っただけの事で何千億年の歴史の中では何度も起こって来た事で、いわば地球が屁こいたり、下痢したりするようなもんで、地球から言ったらなんでもないことやん。地球は別に人間のものでもないし。ここに生かされとる一部なんだって事を忘れてるんだね。

自分もおばあちゃんの話し聞いたり、思った以上にコンビニや物質に頼って生きちゃってる事や 何もなくなった広大な瓦礫の山や、そこら中に 転がる家や車や船、体験した事もないようなでかい余震や、 それでも何もなかったかのように 静まるでっかい穏やかに映る海や、 夕日はいつも綺麗だし、 なんだかもう ”はっ” とする事が多々あった。もともと森羅万象すべて無常だし。頭ではいつもわかってるけど、東北行ったらより肌でしっかり感じる事ができた気がする。なのでこんな事言ったら被災地の人等は怒る人もおるかもしれんけど、みんなに観に行ってもらいたい。できるだけ。地球の凄さとか、人間のちっぽけさと、それをうけとめ腹をくくったときの 人間のたくましさと。もう事は起こっちゃってるから。これからしっかりいろいろ見極めてやってくしかない。

いろんなことみんな言ってきますが、
俺等はすべて自分の為にやってます。自分のいる世界だし、もう何が起こってもおかしくないし。やはり直感的になんとなく気になった事やってるだけすからね。支援とはいうものの、支援なんて偉そうなもんじゃないし。答えも知らんし。誰も。 
只、脳みそメルトダウンしたら意味ないから出来る事しながら、自分らも助けんと!特に被災地より、それ以外のエリアのが病んだり、まいっとる人が多い気がするし、良く聞くから。それか全く見ないようにするか。
まぁ人の勝手だけど気になった事とかやってかんとジレンマで自分にストレスが返ってくるだけだから、死ぬまで勘違いしたままでも、空っぽを抱えたままでも全力で走ってるほうが幸せだと思う。
やり方違っても向かってる方向が一緒ならお互いそのままでいいと思うし。競争じゃないから。早いとか遅いとか大きい小さいは関係ないし、やり方はいっぱいあっていいし。むしろいっぱいあった方がいろいろ取れていいやん。やおよろず。 

只、情報や脳みそだけのTRIPはもうごめんだ!!福島に関しては祈るしかないし。だからみんなそれぞれ、いいと思う事やるしかない。

それを前提に自分の思った事を話すと 原発も廃止にせないかんとも もちろん思ってるけれども、けれども 俺は正直言って、例えばデモしよか! ん〜 自分がデモに出て反原発でも脱原発でも言い方はどうあれ デモで叫んでるのがまったくイメージできないんすね。これはデモが無意味だとはまったく思ってはないんだけど、自分に関しては なにかピンとこない。かといって精神世界ばっかに頼るのもどうかと思うし。陰謀説なんかもあるけど、もし本当にそうだったとしても、俺等庶民になにができる?って思うし。そんなこと現状見ずに振りまいたって余計 望みの逆効果になる気がする。自分等の周りや音楽家や芸術家みたいな人らとかサブカルチャーの好きな人等や活動家なんかでは当たり前の事が、国民全体のどれくらいいるかって考えたら、一般のっつーか 会社の上司や親なんか見たらわかるやん。決してそう言う人ばっかとは思わんけど、意識や価値観の違いが。未だこの状態になっても原発神話信じてたり、みんなすり込まれて積み重なってきたものが なかなかの強敵なわけで。たぶん自分の子供が被爆したりでもしない限りわかんないくらいなんじゃないかと思うくらい。自分自身も今回の事があるまでは 原発に関して反対ではあったけど あんま電力や電力会社の事なんて考えた事なかったし。むしろ反対を もろに掲げてるものに対して なんか余計逆に興味をそがれたり 逆の考えを持ちそうになったりさせる効果がある気がする。70年代のイデオロギーの闘争だってそんな感じだったんじゃなかろうか?という 自分観察の結果でも、やはり人間は単純でもあり、ややこしくもあるから、一筋縄ではいかない。ましてや、絶対的に否定や肯定されたら、それが正しいとしても反抗しようとしたりするあまのじゃくな部分が人間には少なからずあるようにおもうから、これって人間が本能的にこの世界に”絶対”ってもんが存在しないって事を感じ取ってるんじゃないかと俺は思う。自分ですらそんな傾向が、かすかながらある気がするから、まったく一般的 というと変な言い方だけど、あんまなんも考えてない人等なんかにはどう映るんだろう?とか思ってしまうのが正直なとこで。そう言う人等は死ねばいいのか?っつったら俺はそんなことよう思えんし、本当はみんな大差無いと思うし。開いてようが閉じてようが繋がってようが、そうでなかろうが、悪だろうが善だろうが俺等すべて万物は宇宙そのものなんじゃないのか と思う。
ん?
なんの話しだろ?狐でもついたかな?笑

ちがうちがう
話し戻すとそんなことばっか言ってるから悠長なこと言ってんじゃねえと 気合いの入った現実を見てる人には怒られてしまいそうですが… 俺も俺なりにもちろん署名くらいはしてるし、どうしたらいいのか日々考えてはいるけど、今のところやっぱ、これは急ぎたい気持ちはわかるが 時間がかかると思う。危機感がない!と言われたらそれまでだけど、やっぱエネルギーシフトする為には、やっぱ1人でも多くの意識を変えなきゃいかんわけじゃないすか?一人でも多く!でもあせって 俺みたいなアホが にわか知識で興奮して伝えようとしても信憑性がなく聞く耳さえ持ってもらえない。笑 そんで怒っちゃえば更に逆効果でしょ。 今までのすり込まれた嘘を頭から適切に取り除いていくオペのような事、これは最近よく聞く人も多いと思いますが田中優さんみたいな人がやってる事やん。俺も震災直後一度ライブを一緒にやらしてもらって講演聞いてかなりおもしろかったんで!興味あるし勉強中なんすが、今日本中飛びまわってるから BLOG読んだり、講演会聞きに行ってみて!おもしろいし希望を感じるから!!なんてったってかっこいい!電力会社が独占してる送電線を取り上げ 電気も民間でつくったり 売り買いできるようにしようという作戦の話しとか、完成するには時間はかかるが、やる気にさえなれば自然エネルギーだけで電力をまかなうことだって可能だと言う話しや、実際にあとは実際にやればきっとできる!という面白くて夢やロマンがあるやり方をみんなで考えて小さい事でも誰かの協力でも それぞれ行動に移して行こう!!それぞれつらい状況もあって簡単には言えんけど、すべてを楽しんでいこう!!
そんで俺等も新たに考えてる事があるんで、またもう少し具体化してきたらここで話すね〜 夢と希望とMAICRO ACTION!STAYひょうきん!

□◆  2011年4月の田中優 講演会予定   ◆◇■□■□

22日(金)阿佐ヶ谷ロフトA
23日(土)佐賀県      
24日(日)アースデイ東京
     葉山・堀内
25日(月)とちぎ福祉プラザ(栃木県宇都宮市)
26日(火) さくらホール中ホール(岩手県北上市)
27日(水)福島市音楽堂(福島県)
28日(木) ZEPP仙台→交渉中(宮城県)
29日�5月1日 栗駒木材エコラの森、皮むき間伐+αツアー
http://tanakayu.blogspot.com/2011/02/blog-post_27.html

□◆  速報!2011年5月の講演会予定   □■□

1日(日)ベルエア会館(仙台市青葉区)
2日(月)しゃれなあど オリオン (三軒茶屋)
3日(祝) 八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡)
http://earthday-haramura.suwa.asia
4日(水・祝)ちさと館(愛知県新城市)
5日(木・祝)豊田市市民文化会館(愛知県豊田市)
http://tanakayu.blogspot.com/2011/04/true-information-vol2-in-toyota.html
6日(土)宮城県鳴子温泉
8日(日)岬町桑田公民館(千葉県いすみ市)
10日(火)TV朝日 多目的スペースumu(ウム)@六本木ヒルズ
11日(水)ネイキッドロフト(東京都新宿区)
12日(木)松本市Mウイング 6Fホール(長野県松本市)
13日(金)PARC自由学校(東京都千代田区)
15日(日)堀之内 ふれあい交流広場(愛媛県松山市)
18日(水) 日本まん真ん中センター 多目的ホール(岐阜県)
19日(木)町田市役所(非公開)
20日(金)海老名市神奈川生協
21日(土)大阪ドーンセンター1F(大阪市中央区)
22日(日)焼津市大井川ミュージコ文化会館ホール
23日(月) 松前総合文化センター(愛媛県伊予郡)
24日(火) 広島県
25日(水) 愛知県
26日(木) 神奈川県
27日(金)関川村村民会館(新潟県)
28日(土)福山市東部市民センター(広島県福山市)
29日(日)飯田市美術博物館2F講堂
30日(月)伊那谷
31日(日)福井県

これから詳細が決定していく場所もありますので
こちらもご確認ください。
まーちゃんブログ http://ameblo.jp/upo-nokiseki/

田中優の持続する志 http://tanakayu.blogspot.com/

 

2011-04-23