NEWS

TEAM ZERO ACTION 総裁
兼 前線作業員 笑
兼 兼子笑事 社長
THE 千秋楽 の 我らが しげちょい
から やっとこさ ラブレターが届いたんで、読んでみてちょーよ!
 
タートルチャリTシャツの売り上げはここの活動費としげちょいの生活費にまわしたりして使ってます
 
でもまだまだ足りないので、もっと買ってちょだい!今新しいの作るとこなんで
 
では 報告です!
 
 
うぅん、うん、うん、え〜みなさん、大変、永らくお待ちどう様でした☆
もぉ〜こっちの事なんか忘れてたんじゃ無いんですか、困りますね〜!なんちゃって!
それとも、常にタートルのホームページを、まだか、まだか、とチェックして思ってくれてた人、本当にすんませんでした。
こっちに来て、順調にバタバタしてて、なかなか報告の方の時間も無く、報告内容もまとまらなかった為できなかったんです。
 
でも、ここでひとまず、初日から今日までの活動内容の方をザックリだけど、報告できる状態まで来たので、発表します。
まず、4月6日に現地に入り一発目に、豚汁の炊き出しと、みんなから頂いた物資の方を届ける事から始まり、あれよあれよと、気ずけば1ヶ月経っていました。
 
その間、避難所にみんなで、炊き出しに行ったり、蔵王チームの助け合い活動の炊き出しを手伝いに行ったり、仙台にある老舗のライブハウス、バードランドのオーナーのジュンイチさんと出会い、自分達も、勿論、被災してるし、地震が起きた日から、停電など全て使えない状態のバードランドにみんな集まって、生活をしていました。
 
そんな集まった仲間達と足りない所に、地元ならではの、情報を沢山集め、物資を義援金で集まったお金で、買ってピンポイントに届けたり、仙台の若林区と言う津波が押し寄せた最終地点の区域で、家は流されていないが一階は水びだしになり、泥やあらいる色々な物が庭に散乱している家を、人力で片づけ作業をしていると言うことで、なんせ人手が多ければ多い程いいので、手伝いに行ったりしてます。
 
この泥出し&片づけ作業が、僕達みたいな、若造でも本当に大変なんだけど、これを、家の人、しかも大体の家の息子や娘はどこかの土地に出て行っていて、家には、50過ぎの自分達の親の世代や、さらには、もっと上のおじいちゃん、おばあちゃん達しか残っていないから、片づけるといっても、限界があるし、泥出しなんかもできっこなく、泥だって一軒の家だけでも、一輪車で少ない所で100杯以上ありしかも50メーター位離れている道路の脇に出さないといけなく、そんな作業をおじいちゃん、おばあちゃんがやれる訳なく、大変な状況です。だから、出来るだけ人手を集めて手伝いに行っています!
 
あと、福島県の南相馬市と言う町に物資を届けています。
ここは、原発から30キロ圏内の場所に位置するんだけど、まず、20キロ圏内の人達は強制退避、20キロ圏内は屋内退避区域に指定されている場所です。
海岸沿いは津波の被害を強烈に受けているんだけど、街の方は地震の被害だけで一見街の方は、建物はあるし見た目は生きてるなと思えるんだけど、どのお店もやって無く、車も全然走っていなく、むちゃくちゃ静かで、町全体に、暗く分厚い雲に覆われたゴーストタウンと言った感じです。
 
津波の被害で、家が流され無くなった人は避難所暮らしをしている人達、家がある人は、屋内退避避難命令が出ている為、自宅避難をしている人達がいます。
一度、避難所や県外に出て暮らしていたんだけど避難所の団体生活が段々辛くなったり、県外に避難した人達も結局は、誰か人の家にお世話になる生活になる為何かしらのストレスや精神的にきつくなったり、こんな話を聴きました、埼玉に避難したおばさんが、埼玉のスーパーに買い物に行った時にお米を撰んでいる時に、山形産、新潟産、福島産とお米が並んでいて福島産のお米を手にとった時に、一人のおばさんが隣にやってきて、そのお米はやめた方がいいですよっていきなり言われたみたいで、
え、どうしてですかって聞き返したら、
だって、それ福島産だよ、放射能って言われて、
 
私、南相馬ですけど!
って言ったら、
 
ごめんなさいって言って、足早に去って行ったんですよ、私悔しくて、って涙ボロボロ流しながら、話してくれました。みんな良く、良く、考えて下さい!
今は5月、今回の地震は3月、その間にお米が収穫されますか?
お米にいたっては、地震が起こる、去年のなんですよね
これが言わいる、風評被害って奴なのかなって僕は思います!
みんな、もうちょっと冷静に判断して、福島の人達を助けてあげてくださいね!
 
東京電力の福島第一原発は、そんな関東に電気を供給する為に全く関係ない東北の福島に建てられて、爆発して放射能が漏れたら、福島県は放射能に汚染された県とみんなに差別され、近寄るのも嫌がられる状況になり、他県にいったら行ったで、日常生活でそんな思いをしながら暮らさないと行けないなら、やっぱり、故郷に戻りたいと思い一度避難した人達は、ほとんどの人達が戻って来ている状況です!
だって、地震の被害だけで家がある人達は、普段通りの生活が出来るんだからね。
放射能の問題なんだよね、目に見えない、匂わないから、気よ付けたり、危機感が薄れていってしまい、みんな放射能対策を全然せずに暮らしていく状況にあります!
 
何とか、少しずつ、みんな意識して生活してもらえるように、自分達なりに、伝えたり、行動していきたいと思っています!
最後におばさんが、なんで関東の人達の為に作られた発電所で私達がこんな思いをしないといけないのって悔しがって話してくれました。
これが、福島県の現状だと思います。
 
それで、そんな南相馬での生活に問題があります!
放射能です!
30キロ圏内の人達は、自宅避難の為、外に外出も自由にいけず、少しの時間しか出れないし、前にも書いたように、山田電気やカインズホームなど大手企業は閉店、撤退が決まり、スーパーや銀行などあらゆる店がやっていません。これは、お店の人がどこかに避難しているからやっていないのもあるんだけど、物流が南相馬の場合完璧にストップと言うか遮断され、届かないと言う理由があります。
例えば、自分が運送会社の社長で物資を運ぶ仕事が依頼されたとします、勿論、喜んで運ぶと思います。ただ、30キロ圏内で放射能がバンバン飛んでいると思われる南相馬に自分の所の大事な会社の社員を被爆するかもしれない危険な場所に行ってこいと言えますか?言えませんよね、大事な社員に。
 
あと、会社のトラックだって、放射能がついて帰って来る訳だから、やですよね。
だから、この状況はしょうがないのかなって思います。
だからこそ、行政などがそう言った運送会社に詳しく、今の放射能の状況や、対策などをしっかり伝えて、理解して貰った上で考えて貰わないと、運送会社の社長だって、テレビやインターネットの情報しか無いため実際の所どうなんだって判断できないと思うんですよね、だからこそ、行政には、正しい正確な状況をちゃんと分かり易く説明して貰いたいと僕は思います、早いとこ、全てを認めて、嘘で塗り固めるんじゃなく、これから先の事を全力で考える政治に切り替わる事を願います!
 
で、そんな事情などで、南相馬は完璧に放射能でおせんされていると言う情報や感覚で完全に孤立した街になってしまいました。
これは、福島県全体で言える状況だと僕は思います。
福島県や福島県出身と聞いただけで放射能って始めに思いますよね!
そんな中でも、南相馬の人達は必死に一生懸命明るく生活をしてがんばっぺます。
 
その、南相馬の国道6号線沿いにある、距離でいったら、21キロ圏内にある、ビジネスホテル六角と言う所の大留さん、僕達は団長と呼んでるんですが、相馬や南相馬に物資を沢山運んでいる奴らがいると聴いたみたいで、人伝いに連絡があり、ここにも物資を持って来てくれないかとお願いがあり、六角に物資を運ぶ事になりました。六角では、そこを物資の収集所とし、地元のおばちゃん達やお姉ちゃん達が仕分けをし、1家族分の食料やトイレットペーパーなどの消耗品を色々詰め合わせて、1家族1袋にし自宅避難や借家に避難している人達が各々車で取りに来る形で配給され、少ない物資をみんなで分け合い助けあっています!みんなから、頂いた物資のほとんどはここに届けられ、 これから集まった物資も、ほとんどここに届ける予定です。
自分達には、南相馬の六角の場所と出会った為、六角を中心に物資を届けようと思ってますんで、みんな、集めて欲しい物資がある時は連絡しますので、宜しくお願いします。
本当に喜んで、嬉しそうに帰って行くんですよ!
この六角の場所で物資が貰えると言う情報は、行政からお知らせしてもらったりとかではなく、口コミだけで広がっています。
 
僕達が初めに行った時は、4月16日なんだけどその時は始まって数回だったので、30人位だったんだけど、5月12日の時点で、400人以上の人が1日に取りに来るほどで、六角渋滞が出来るほど広まっています!
本当に、取りに来る人達は、凄い喜んで持って帰るし、あ〜野菜だとか、その日貰える物を見て、みんな目を輝かせて貰って帰ったり、本当にありがとう、助かりますって言って帰って行きます。
 
幸いに、物資の方は、こっちに来てから出会った人達やボランティア団体のお陰でその人達の所に集まった物資を分けて貰い集めて、南相馬に運ぶと言う流れで届けています。
宮城県の方はある意味テレビなどでバンバン放送されてるお陰で有名になり、全国から物資がどんどん集まり、逆に集まり過ぎて捌ききれてない状態にある為、それなら足りて無い所に持って行ってあげて下さいと言う事で分けて貰い南相馬に届けています。
だから、現地調達が出来る環境になってきているので、みんなには、物資を集めたり、かって貰うのを今、待って貰っている状況になっちゃっているんですよね。
でも、皆さんも何か遠くに居ても、協力や力になりたいと言う気持ちは解りますので、何か、お願いしたいんだけど、明確にお願いする事がもう少しで出てくる所まで来ているので、もうちょっと待ってて下さい!!
とにかく、こっちに来て本当に沢山の人と出逢い、どんどん、どんどん繋がっていき、末広がりに広がって行く感じが、凄く実感しながら、日々こっちで、このような活動をしています。
楽しく、生き生きと生活をしています。
 
拠点となる基地、零基地も巡り巡って、仙台に住む大家さん、会田さんと出逢い、勿論、今回の震災で被災しているんだけど、何か自分も力に、支援したいと思っていた所に、僕達が基地を探していると聞き、逆にそうやって復興に向けてお手伝いをしに来ている人達に宮城蔵王の青根にある別荘を無償で使って欲しいと思ってくれたみたいです。
僕達を、後方支援の形っ協力してくれる形になり、そこを拠点に全国、栃木、神奈川、静岡、愛知三重、大阪、鳥取、沖縄と言った感じで、友達がここに、入れ替わり、立ち替わり来て活動して帰ったり、早くも、二回来たりしている人もいます。
 
そんな感じで、気ずけば1ヶ月経ち目まぐるしく、毎日の状況も変わるし気持ちも変わりながら、バリバリ元気に生活をしている次第で御座います!
これからの報告は、そう言った一日一日の活動内容を出来るだけ多く報告していこうと思っている次第ですので、みんな、こっちからの報告を楽しみになるように、忘れられないように、がんばっぺ報告していきます!
報告が遅過ぎて、熱い気持ちが冷めてしまったかもしれませんが、今一度、タートルのホームページを見て、熱い気持ちを取り戻して下さりませ。
なかなか更新できないかも知れませんが、早め、早めに、報告します。
ので、たまには、思い出して見てくださいね!
ちなみに、僕はよく解らないんだけど、ツイッターとインターネット上で写真を共有出来る所があるみたいなので、そのアドレスとかも用意できたら、報告しますので、チェケラしてください!
では、これでひとまず、こっちに来てからの報告は終了します。
ご静聴ありがとう御座いました!
タートルアイランドちょっと遠くなった近所のしげチョイでした。
バイバイ アミーゴ
 
と見せかけて、ツイッターはすでに始まっています。
アカウントは、@teamzeroactionです。
良かったら、チェケラーしてください!
では、バイバイ アミーゴ!
5月12日現在、福島県南相馬市は、4つある内の1つのスーパーは開いたり銀行や物流は少しずつ回復してきたけど、まだまだ全然です。

2011-05-18